‘2013/09’ カテゴリーのアーカイブ

金利の変動は予測できる?

2013/09/18

住宅ローンや投資を始めたいという人にとって、わかりにくいのが金利というものですよね、金利は常に変動しているものなのですが、変動を予測する事ができたらすごく嬉しいと思いませんか?

でも実際には金利の変動を予測する事は難しいかもしれませんよね、でも投資のプロや経済界に通じている人にとって、多少の大まかな予測をする事は不可能では無いのかもしれません。その根拠は色々とあります。

例えば日本の経済は安定している状態にあるため、急激に経済がどうにかなる事は考えにくいですので、何も無いと考えるとすれば予測は簡単かもしれません。それに何か変動がありそうな場合にはきっとその予測はしているでしょう。

だからこそ経済の達人のサイトやブログには人がたくさん訪問するのかもしれません。つまり安定している国での経済の動向を予測する事ができれば、金利の予測をする事も決して難しい事ではないという事です。

ですが数年後に日本でオリンピックが開催される事が決まった今、その時に向けてすでに政治も経済も動き始めています。こうした大イベントがあった時の予測はつきにくいものなので、政治や経済のニュースから目が離せないのです。

きっとこれからは経済が上向きになっていくのかもしれませんね。

金利の変動と推移

2013/09/18

住宅ローンを考えている人にとって、金利が変動するという事はある意味とても気になります。金利の変動の仕方によってはこれまで払ってきた分が水の泡になる可能性があるからです。

もちろん全て水の泡になるわけではありませんが、損得は必ず絡んでくるのでせめて毎月の金利の変動の推移についてはしっかりとチェックした方が良さそうです。大きな買い物ですから当然の事ですね。

さて、金利の変動の推移をしっかりと見たところで、素人さんの私たちに今後の事を見通せるはずがありませんが、せめて銀行やテレビの金融トピックを見たりして、金利変動の推移をチェックするべきです。

経済が回復して景気が良くなれば、その分金利の上昇があるため、住宅ローンにも好影響を与える可能性は高いですから、大きなお買い物をする時には変動推移のグラフなどを参考に、借り換えなどを考えてもいいかもしれません。

いずれにしても毎月金利や経済は変わるものなので、よくわからなくてもなんとなくでもわかっていれば良いので、しっかりと推移をチェックして今後の返済についてを考えてみるといいでしょう。

推移によって長期的に安定した低金利になるのだったら、住宅ローンは上手に借り換えした方が良い事もあるからです。

金利はどうして変動する?

2013/09/18

お金を借りたり住宅ローンを組んだりした時などに、必ず品物や元金に対して金利というものがつきまとってきますよね、この金利は一定ではなくて常に変動しているものなのですが、どうして変動するかがわからない。

そこで銀行をたとえにしてどうして金利は変動するのかについてを簡単に説明します。銀行は資金を調達するのに日銀からお金を借りて顧客に利子を付けて貸しているわけですが、この日銀の金利の変動に影響されるのです。

そして日銀というのは公定歩合を調整して景気を安定させているのですが、日本という国の景気が悪くなったり、逆に景気が良くなったりする事で公定歩合が変動するため、それにつれて銀行の金利も変動していくのです。

だから政治と経済というのは私たちひとりひとりの生活にもとても深く関係しているのですね。この事から長期大型ローンを組む時の金利がとても重要になってくるわけです。金利が低い時に借りれば当然利子は安いわけです。

なのでできればその時の金利で固定したいのですが、もしもその先に金利が低くなったりしたら損をしますね。だから金利の変動に連れて、利息が変動する変動型ローンを利用する方が良い時もあるのです。

つまり金利が変動するのはどうしてかというと、景気や政治など全てが連動しているからなのです。