金利変動リスクってなに?

金利変動リスクというのは簡単に説明すると、景気が良くなったり悪くなったりの変動をする事によって、金利が変動したりした時に受けるリスクの事を言うのですが、そのまんまの意味の言葉なのですね。

この金利変動リスクはどんな人が受けるのかというと、恐らく全ての人が金利が変動する事による何らかのリスクを負っていると考えてもいいくらいで、特に投資や住宅ローンなどを持っている人は直撃でしょう。

特に経済が悪化してしまうと金利が上昇したりしますよね、金利が上昇すると住宅ローンの金利も上がる事になるので、利息が高くなってしまうというリスクを負う事になってしまい、大変な事になる事だってあるのです。

なんで大変なの?と思う方もいるかもしれませんが、金利が上昇すると金利計算がやり直されて、これまで払ってきた金利がパーになってしまう事だってあるのです!これは大変なリスクだと思いませんか?

今住宅ローンが無い人や投資もしていない人は、自分は平気だなんて思わない方がいいですよ!例えば金利が上がってしまう事によって、会社に打撃を受けると(そんな事ありそうにありませんが)給料に影響しますよね。

これはアルバイトだろうがなんだろうが同じです。このようにあまり関係なさそうに思えて、ほぼ全ての人が金利変動リスクを背負って生きている事にもなるのです。

コメントは受け付けていません。