金利変動グラフとは

夢のマイホームを建てたいと思った時に、一体どのくらいの人が現金で購入する事ができるのでしょうか?恐らくそんな人はいないかもしれません。確かに一人だけ知っていますがかなり損をしたそうです。

なので損をしないためには大抵の場合は住宅ローンを組む事になるのですが、住宅ローンを組む時には金利の変動などの事を考えて、住宅ローンの金利を固定にするか変動にするかで迷う事になるはずなのです。

そこで参考にしたいのが金利の変動グラフというもので、このグラフは過去10年~15年くらいの間の金利や経済の変動をグラフ化したもので、どの年にどんな景気だったのか、それにつれて金利がどう変動したのかがわかるようになっています。

ちなみに銀行では住宅ローンを組む時に、変動と固定についての説明をしてくれるはずなのですが、変動する金利というのはバブルの時代で1%しか変動していないのがわかります。バブルの時代でそれくらいしか変動しないのです。

もちろん可能性が無いとは言えませんが、ここから未来にかけてもそれほど飛躍的に変動する事は無いと考えられています。このことをしっかりと金利変動グラフでチェックしながら住宅ローンの金利の算出法を決めてもいいでしょう。

コメントは受け付けていません。