金利はどうして変動する?

お金を借りたり住宅ローンを組んだりした時などに、必ず品物や元金に対して金利というものがつきまとってきますよね、この金利は一定ではなくて常に変動しているものなのですが、どうして変動するかがわからない。

そこで銀行をたとえにしてどうして金利は変動するのかについてを簡単に説明します。銀行は資金を調達するのに日銀からお金を借りて顧客に利子を付けて貸しているわけですが、この日銀の金利の変動に影響されるのです。

そして日銀というのは公定歩合を調整して景気を安定させているのですが、日本という国の景気が悪くなったり、逆に景気が良くなったりする事で公定歩合が変動するため、それにつれて銀行の金利も変動していくのです。

だから政治と経済というのは私たちひとりひとりの生活にもとても深く関係しているのですね。この事から長期大型ローンを組む時の金利がとても重要になってくるわけです。金利が低い時に借りれば当然利子は安いわけです。

なのでできればその時の金利で固定したいのですが、もしもその先に金利が低くなったりしたら損をしますね。だから金利の変動に連れて、利息が変動する変動型ローンを利用する方が良い時もあるのです。

つまり金利が変動するのはどうしてかというと、景気や政治など全てが連動しているからなのです。

コメントは受け付けていません。