金利の変動と住宅ローン

家を買うのは一生に一度しかないチャンスである事が多いので、住宅ローンを組む時には相当考えてからじゃないと!その理由は住宅ローンの金利の問題があるからで、多くの人がこの問題に直面する時が来るのです。

事前に調べておけばいいのでしょうが、住宅ローンを組む事になってから銀行で融資の話をするまでの時間というのは、とても短い時間なので準備も何もありません!いきなりローンの金利はどうしますか?と聞かれると焦ります。

というのも住宅ローンの金利というのは固定タイプと変動タイプとに分けられているからで、中にはミックスで住宅ローンを組む事ができる場合も多いかもしれません。銀行によって違うところもあるかもしれませんが。

金利を固定にしたほうが良いのかそれとも変動型にしたら良いのかは悩むところですが、住宅ローンを組む時に景気が良くて金利が安いのならば、3年間固定とか5年間は固定などにして、その後は変動にしておくのも良いかもしれません。

日本で数年後にオリンピックが開催される事を踏まえて、その頃を狙って変動に変更しても良いかもしれませんね。常に景気の変動と連動しているので、住宅ローンを組むと政治や経済がとても気になるようになるのです。

コメントは受け付けていません。