金利の変動とオリンピック

2020年の夏期オリンピックが東京で開催される事が決定された事を受け、株価は上昇傾向にあるというニュースが報道されるようになりましたね。それだけオリンピックは影響力が強いのです。

ところでオリンピックが開催される事が決まった事によって、金利にも何らかの変動が起こったりするのでしょうか?もしも変動があるとしたらそれはいい事なのか悪い事なのかも調べてみました。

まず株価は急上昇と言ってもいい程上がっているようですが、景気が上向きになると当然ですが金利も上昇する事になるわけですよね、すると住宅ローンの金利だって当然ですが変動せざるを得ません。

しかもオリンピック開催後もしばらく経済効果は続くと考えられるので、金利は上昇するのですが長期ローンの金利は今は低い水準なので、今からが買い時!という事はやはり変動に関係があるという事です。

多分銀行で金利が上昇する時期についてを大まかに教えてくれるはずなので、今住宅ローンを組む事を考えている方は、じっくりと決めた方が良いかもしれません!そして相談をしながら固定変動を決めた方が良いかもしれませんね。

つまりオリンピックは金利の変動に密接に関わっているという事になるわけです。

コメントは受け付けていません。