変動と固定の金利はどちらが得?

2013/11/27

住宅ローンを組もうとした時には長期ローンを組む事になるので、金利はとても気になるところですよね、固定と変動の二種類があるので支払い方法を決めなくてはなりません。

いったいどちらの方が得なのでしょうか?それを知るために、固定金利と変動金利の仕組みを簡単に説明しましょう。

まず住宅ローンを借りた時、銀行が日銀から借りた資金の金利がそのまま住宅ローンの金利に影響し、それが変動金利の基準となるとします。例えば変動が0.85%だったとすると、借りた時は0.85%の金利でお金を借りた事になります。

ところがこの金利は毎月変動するので来月は違う金利かもしれませんよね、そうやって毎回金利計算をして変動するのが変動タイプで、固定はそれよりもちょっと上がりますが、借りた時の金利のまま数年間支払いをする事ができるのです。

固定は3年間、5年間、10年間と選べるところもありますが、5年間、10年間だけのところもあります。ただし年数で金利は多少変わってきますので注意しましょう。

どちらが得なのかというと、金利が底の状態で借りた場合はその状態を続けた方がいいので固定の方が得ですよね、でももしかしたらそれ以上に下がる可能性がありますから、そうなると変動の方が良いわけです。

なので大抵の場合はというかほとんどは固定と変動を上手にミックスさせて住宅ローンを借りる事になるのです。

金利変動リスクってなに?

2013/11/13

金利変動リスクというのは簡単に説明すると、景気が良くなったり悪くなったりの変動をする事によって、金利が変動したりした時に受けるリスクの事を言うのですが、そのまんまの意味の言葉なのですね。

この金利変動リスクはどんな人が受けるのかというと、恐らく全ての人が金利が変動する事による何らかのリスクを負っていると考えてもいいくらいで、特に投資や住宅ローンなどを持っている人は直撃でしょう。

特に経済が悪化してしまうと金利が上昇したりしますよね、金利が上昇すると住宅ローンの金利も上がる事になるので、利息が高くなってしまうというリスクを負う事になってしまい、大変な事になる事だってあるのです。

なんで大変なの?と思う方もいるかもしれませんが、金利が上昇すると金利計算がやり直されて、これまで払ってきた金利がパーになってしまう事だってあるのです!これは大変なリスクだと思いませんか?

今住宅ローンが無い人や投資もしていない人は、自分は平気だなんて思わない方がいいですよ!例えば金利が上がってしまう事によって、会社に打撃を受けると(そんな事ありそうにありませんが)給料に影響しますよね。

これはアルバイトだろうがなんだろうが同じです。このようにあまり関係なさそうに思えて、ほぼ全ての人が金利変動リスクを背負って生きている事にもなるのです。

金利変動グラフとは

2013/10/30

夢のマイホームを建てたいと思った時に、一体どのくらいの人が現金で購入する事ができるのでしょうか?恐らくそんな人はいないかもしれません。確かに一人だけ知っていますがかなり損をしたそうです。

なので損をしないためには大抵の場合は住宅ローンを組む事になるのですが、住宅ローンを組む時には金利の変動などの事を考えて、住宅ローンの金利を固定にするか変動にするかで迷う事になるはずなのです。

そこで参考にしたいのが金利の変動グラフというもので、このグラフは過去10年~15年くらいの間の金利や経済の変動をグラフ化したもので、どの年にどんな景気だったのか、それにつれて金利がどう変動したのかがわかるようになっています。

ちなみに銀行では住宅ローンを組む時に、変動と固定についての説明をしてくれるはずなのですが、変動する金利というのはバブルの時代で1%しか変動していないのがわかります。バブルの時代でそれくらいしか変動しないのです。

もちろん可能性が無いとは言えませんが、ここから未来にかけてもそれほど飛躍的に変動する事は無いと考えられています。このことをしっかりと金利変動グラフでチェックしながら住宅ローンの金利の算出法を決めてもいいでしょう。

金利の変動とオリンピック

2013/10/16

2020年の夏期オリンピックが東京で開催される事が決定された事を受け、株価は上昇傾向にあるというニュースが報道されるようになりましたね。それだけオリンピックは影響力が強いのです。

ところでオリンピックが開催される事が決まった事によって、金利にも何らかの変動が起こったりするのでしょうか?もしも変動があるとしたらそれはいい事なのか悪い事なのかも調べてみました。

まず株価は急上昇と言ってもいい程上がっているようですが、景気が上向きになると当然ですが金利も上昇する事になるわけですよね、すると住宅ローンの金利だって当然ですが変動せざるを得ません。

しかもオリンピック開催後もしばらく経済効果は続くと考えられるので、金利は上昇するのですが長期ローンの金利は今は低い水準なので、今からが買い時!という事はやはり変動に関係があるという事です。

多分銀行で金利が上昇する時期についてを大まかに教えてくれるはずなので、今住宅ローンを組む事を考えている方は、じっくりと決めた方が良いかもしれません!そして相談をしながら固定変動を決めた方が良いかもしれませんね。

つまりオリンピックは金利の変動に密接に関わっているという事になるわけです。

金利の変動と住宅ローン

2013/10/02

家を買うのは一生に一度しかないチャンスである事が多いので、住宅ローンを組む時には相当考えてからじゃないと!その理由は住宅ローンの金利の問題があるからで、多くの人がこの問題に直面する時が来るのです。

事前に調べておけばいいのでしょうが、住宅ローンを組む事になってから銀行で融資の話をするまでの時間というのは、とても短い時間なので準備も何もありません!いきなりローンの金利はどうしますか?と聞かれると焦ります。

というのも住宅ローンの金利というのは固定タイプと変動タイプとに分けられているからで、中にはミックスで住宅ローンを組む事ができる場合も多いかもしれません。銀行によって違うところもあるかもしれませんが。

金利を固定にしたほうが良いのかそれとも変動型にしたら良いのかは悩むところですが、住宅ローンを組む時に景気が良くて金利が安いのならば、3年間固定とか5年間は固定などにして、その後は変動にしておくのも良いかもしれません。

日本で数年後にオリンピックが開催される事を踏まえて、その頃を狙って変動に変更しても良いかもしれませんね。常に景気の変動と連動しているので、住宅ローンを組むと政治や経済がとても気になるようになるのです。

金利の変動は予測できる?

2013/09/18

住宅ローンや投資を始めたいという人にとって、わかりにくいのが金利というものですよね、金利は常に変動しているものなのですが、変動を予測する事ができたらすごく嬉しいと思いませんか?

でも実際には金利の変動を予測する事は難しいかもしれませんよね、でも投資のプロや経済界に通じている人にとって、多少の大まかな予測をする事は不可能では無いのかもしれません。その根拠は色々とあります。

例えば日本の経済は安定している状態にあるため、急激に経済がどうにかなる事は考えにくいですので、何も無いと考えるとすれば予測は簡単かもしれません。それに何か変動がありそうな場合にはきっとその予測はしているでしょう。

だからこそ経済の達人のサイトやブログには人がたくさん訪問するのかもしれません。つまり安定している国での経済の動向を予測する事ができれば、金利の予測をする事も決して難しい事ではないという事です。

ですが数年後に日本でオリンピックが開催される事が決まった今、その時に向けてすでに政治も経済も動き始めています。こうした大イベントがあった時の予測はつきにくいものなので、政治や経済のニュースから目が離せないのです。

きっとこれからは経済が上向きになっていくのかもしれませんね。

金利の変動と推移

2013/09/18

住宅ローンを考えている人にとって、金利が変動するという事はある意味とても気になります。金利の変動の仕方によってはこれまで払ってきた分が水の泡になる可能性があるからです。

もちろん全て水の泡になるわけではありませんが、損得は必ず絡んでくるのでせめて毎月の金利の変動の推移についてはしっかりとチェックした方が良さそうです。大きな買い物ですから当然の事ですね。

さて、金利の変動の推移をしっかりと見たところで、素人さんの私たちに今後の事を見通せるはずがありませんが、せめて銀行やテレビの金融トピックを見たりして、金利変動の推移をチェックするべきです。

経済が回復して景気が良くなれば、その分金利の上昇があるため、住宅ローンにも好影響を与える可能性は高いですから、大きなお買い物をする時には変動推移のグラフなどを参考に、借り換えなどを考えてもいいかもしれません。

いずれにしても毎月金利や経済は変わるものなので、よくわからなくてもなんとなくでもわかっていれば良いので、しっかりと推移をチェックして今後の返済についてを考えてみるといいでしょう。

推移によって長期的に安定した低金利になるのだったら、住宅ローンは上手に借り換えした方が良い事もあるからです。

金利はどうして変動する?

2013/09/18

お金を借りたり住宅ローンを組んだりした時などに、必ず品物や元金に対して金利というものがつきまとってきますよね、この金利は一定ではなくて常に変動しているものなのですが、どうして変動するかがわからない。

そこで銀行をたとえにしてどうして金利は変動するのかについてを簡単に説明します。銀行は資金を調達するのに日銀からお金を借りて顧客に利子を付けて貸しているわけですが、この日銀の金利の変動に影響されるのです。

そして日銀というのは公定歩合を調整して景気を安定させているのですが、日本という国の景気が悪くなったり、逆に景気が良くなったりする事で公定歩合が変動するため、それにつれて銀行の金利も変動していくのです。

だから政治と経済というのは私たちひとりひとりの生活にもとても深く関係しているのですね。この事から長期大型ローンを組む時の金利がとても重要になってくるわけです。金利が低い時に借りれば当然利子は安いわけです。

なのでできればその時の金利で固定したいのですが、もしもその先に金利が低くなったりしたら損をしますね。だから金利の変動に連れて、利息が変動する変動型ローンを利用する方が良い時もあるのです。

つまり金利が変動するのはどうしてかというと、景気や政治など全てが連動しているからなのです。